甘噛み王子

Panが生後何日で母犬から離されたのか、定かではありません。
私がPanと出逢ったのが生後42日でしたから、それより数日前には母犬から離されているはずです。
間もなく、私がPanの甘噛みに悩まされるようになったのは、このことと大きく関係しています。

2008年8月13日
よく食べ、よく寝て、よく噛んで(笑)元気に成長しています。


2008年8月21日
「おすわり」や「伏せ」は、その姿勢をしている時にコマンドを重ねて言えばすぐに覚えました。


「飼育本」を何冊も買って読みました。
「甘噛みを放置すると、成長して咬む犬になるおそれがある」どの本にもそう書かれています。
「咬む犬になる」…恐怖でした。

「動くものは何でも口に入れ、噛んで確認する」。
考えてみれば人間と同じ成長の過程なのです。
噛む力が少しずつ強くなると、とがった犬歯で噛まれた手や足は傷だらけになり、洋服にもいくつか穴を開けられました。
噛まれる度に、「咬む犬になる」という言葉が頭をよぎりました。
「どうしよう。何とかしなければ…」と、本に書かれているHow toのなかからいくつかを試しました。

噛まれたらマズルをつかむ
噛まれたら仰向けにして押さえつける
噛まれたら無視する

「犬 甘噛み」をキーワードにネットでも経験談を含めてたくさんの情報を集めました。

噛まれたら鼻を指先ではじく
噛まれたら噛み返す
…これは試せませんでした(^^;)

甘噛みが咬みに移行しないかという不安と共に、社会化への不安もありました。

他の犬や人間など、様々な目新しいものをおそれずに生きていくことができるようにするためには、4ヶ月齢頃までといわれる社会化期に様々な犬、人、ものと出会わせてやる必要があります。
人やものに出会わせることは私がいろんなところへ連れ出せばよいのですから、それほど問題はないと思いました。
母犬や兄妹犬と過ごしていれば自然に身にくはずの犬としてのマナーを、Panは学ぶ時間を奪われました。それを補うために「犬と出会わせる」には、どうしたらよいのでしょう?
都会では、探しさえすれば「パピーパーティー」に参加させる機会はいくらでも作れます。
いろいろと手を尽くして探してみましたが、Panを連れて参加できるものは見つけられません。

ワクチンの相談のために電話した獣医さんにその不安を率直に話したところ、たまたま獣医さんとスタッフの方の中にPanと月齢の近いワンコがいることを話してくださり、「遊ばせにいらっしゃいますか?」と言ってくださいました。
遊ばせるのは最終のワクチンが終わってから…ということでしたので、その日を1日でも早くするために追加のワクチン接種は1ヶ月間隔でなく4週間で行うことになりました。

最終ワクチン接種(3回目)の2008年8月31日
先生のワンコさんと対面。Panはクレートから出てきませんでした。
「無理に出すことはやめましょうね」と先生。


最終ワクチンの翌日2008年9月1日(Panは生後3ヶ月と1週間)
お散歩デビューは「最終ワクチンから2週間」と書かれているものが多いのですが、抱っこ散歩の先では少しずつ地面に下ろして歩かせました。


2度目の子犬たちとの対面は9月3日。Panはおそるおそる自分でクレートから出てきました。
他の子に追いかけられて私の足下に逃げ込む→おそるおそる他の子に近づくの繰り返しでした。
以後、10月10日までの間に計5回、1回につき1時間ほどの時間、遊ばせてもらいに通いました。
3度目からは、徐々に遊び方が分かってきたようで、ガウガウしたり追いかけっこしたり、それはそれは楽しそうに過ごすようになりました。
休診の時間に、私とPanのためだけに病院を開けてくださり、先生もいつもお一人ついてくださって相談にのってくださいました。ありがたいことです。
この経験があるから、Panはワンコ好き、ワンコとの遊び好きな子に育ったのだと思います。


抱っこでの近所のお散歩はもちろん、人の多く集まる観光地、駅、ワンコOKのお店などさまざまな所に連れて行きました。お散歩デビューをしてからは、ますますいろんなところへ連れ出しました。
1日3回食だったこともあり、毎日のように昼食は出かけた先で食べさせました。
食いしん坊なPanは、たいていどんな場所ででも喜んでフードを完食しました。


4ヶ月まで、とにかく4ヶ月まではPanの社会化を最優先に生活しよう
毎日、朝起きると「今日はPanとどこに行こうか」と考える日々でした。

4ヶ月と2日目の9月26日にPanの乳歯が初めて2本抜けました。
その日を境に、Panの甘噛みはピタリと止まりました。
甘噛み王子卒業の日。2008年9月26日を私は決して忘れないでしょう。

コメント

sorakasan #79D/WHSg

No title

Pan君も甘噛みが酷かったんですね。
そして大切な社会化期に、素敵な出会いがあったんですね。
同じ月齢の仔が獣医さんのところにいて、しかも会わせてくれる
なんて?!良い獣医さんに出会えて良かったですね。
乳歯が2本抜けて、甘噛みがぴたりと止むなんて・・・凄い。
空は乳歯が抜けてもしばらく、噛んでいました(泣)
それから、私がモタモタしている間に、外部ブログのリンクは無事に
できたようで良かったです。すみませんでした。今頃遅いよね・・・

2009年04月25日(土) 18時45分 | URL | 編集

ルークママ #79D/WHSg

No title

素晴らしい獣医さんですね。逆に都会ではこういう方はいらっしゃらないかも・・・。
Panくんのママさんは、ちゃんと社会化のこととか知っていらっしゃったんですね。
仔犬の時期ってあっちゅう間ですもんね。
気づいた時には、もう遅い、って良くあります。

でも画像ではいつもはじけて犬と追いかけっこしているPanくんが
クレートから出てこれなかったなんて??
可愛いですね?。

2009年04月25日(土) 21時11分 | URL | 編集

with-pan #79D/WHSg

No title

**空母さん**
Panの甘噛み、相当ひどかったですよ。
早く親から離されている分、お散歩デビューまでの期間も長いから、その間は精神的にきつかったです。
育児ノイローゼってこういうのなんだな、ってよくわかりましたもん。
獣医さんとスタッフの方たちには本当に感謝しています。
そしてチャーリーママさんにも出会ったんですよね?。
そのことは明日書こうと思ってます。

乳歯が抜け始めて甘噛みが止んだのはあまりに劇的で驚きました。

外部リンク、チャーリーママさんの所以外ができないんです(>_<)
どうしてでしょう?

2009年04月25日(土) 23時53分 | URL | 編集

with-pan #79D/WHSg

No title

**ルークママさま**
本当にあの獣医さんに出会えてよかったです。タイミング的にもよかったんですよ。
社会化のこと、今の飼育本にはたいてい書かれていますが、Panの甘噛みがあれほどひどくなければそんなに社会化に必死にはならなかったかもしれません。
「この子、超問題児だわ!なんとかしなくちゃ!!!」と焦ったんですよ。おかげで社会化に一所懸命になったのだから、甘噛みしてくれてよかった…かもしれません。

そうなんです。クレートから出てきてからも、へっぴり腰だったし、すぐ「ヒャン」って鳴いて逃げてくるヘタレな子でした。
遊ばせてもらいに行くたびに、だんだん一番強い子と対等に遊べるようになりました。

2009年04月26日(日) 00時00分 | URL | 編集

ichimama #79D/WHSg

No title

Panくん、甘噛み王子だったんですね!
うちにも甘噛み姫(姫か???)がいますよ。
服に穴が開いたり家具が破壊されたり大変でした。
私も巷のしつけ本をそのまま信じて、鼻ピンまでしてましたよ・・・。
甘噛み防止スプレーとか買っちゃったりー。
今は甘噛みというか遊んでいる時のカミカミと、留守番させて帰宅した時に
「遅かったじゃないかよぉ?」って感じでアウアウ言いながらカプカプします。
なぜか私にだけなんですけどねー。
それにしても良い先生がいらっしゃいますね!
Panくん、とても魅力的に成長してます♪

2009年04月26日(日) 13時14分 | URL | 編集

with-pan #79D/WHSg

No title

**ichimamaさま**
市ちゃんはきっと「甘噛み姫」だったと思いましたよ。
だって同じにおいがしますもん!
甘噛み防止スプレー、私も買いました。全く効きませんでしたけど(^^;)
テーブルの脚やコルクマットの噛み噛みは、禁止していないので相変わらず時々してます。
Panが嬉しい時仰向けになると、私もPanの側で寝ころぶんですよ。そうすると私の髪の毛や顎の辺り、手などを甘噛みします。
でも、これが本当の「甘噛み」ですよね。全然痛くないですもん。
子犬の頃の噛みは、甘噛みでなくて「試し噛み」とか「遊び噛み」とかなんかもっと違うもののような気がしませんか?
市ちゃんのカプカプも、嬉しくて甘えてる時のまさに「甘噛み」ですね。
かわいいですよね?♪
>Panくん、とても魅力的に成長してます♪
ありがとうございます。キャッチフレーズは「甘噛み王子から拾い食い王子に」ですから(爆)

2009年04月26日(日) 19時57分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。