「目を合わさず 声もかけない」ことで伝えられるメッセージ

6月3日の記事の終わりに、わたしはこんなことを書きました。

*****

そして 麦ちゃんの使ったボディ・ランゲージ「徹底的に無視」が いかに効果的であるかも実感しました。
 
Panが混乱して落ち着かない様子の時 「目を合わさず 声もかけない」 ということをするのですが それは犬の世界では 理にかなった分かりやすい言葉なのだと確認もできました。

*****


「徹底的に無視」「目を合わさず 声もかけない」という一読すると とっても冷たく思えるこの行為が なぜPanを落ち着かせるのか。

出会いゴロゴロ
Special thanks to Mugi-tan!

麦ちゃんとPanの様子を観察していて 単純に「そういうことか」とわかった気がしました。(気のせいかも・笑)
「犬一般にあてはまる」ような気もしますが それはちょっと偉そう過ぎるので「Panは」を主語に書いてみます。 

キーワードは次の2つです。

1.Panにとって 視線を合わせることには意味がある。
2.Panは 観察したい。


1.Panにとって 視線を合わせることには意味がある。

動物が正面から視線を合わせることには挑戦の意味があると知られています。
Panとほかの犬たちを見ていると、複数の犬が集まっている状況でも 巧みに視線がぶつからないようにしている様子に気づきます。無用な争いを生まないための知恵でしょう。
Panには アイコンタクトを教えてきました。目と目を合わせて私の指示を聞くという練習です。
そのため 意図しないでふと視線が合った時にでも「なあに?」と言うように 私に近づいてきたり 寝そべっていたのに体を起こしたりすることがあります。
逆に Panが私に伝えたいことがある時にも じっと目をのぞき込んでくることがあります。鼻先や前足で私に送る合図より もう少し強い意味がある場合が多いような気がします。
つまり Panにとって視線を合わせるということは 「(犬との間で)挑戦」「(人間との間で)何かの意図を伝える」の2通り(もしくはそれ以上)の意味をもつと言えます。
 
ですから「目を合わせない」ことで 現在がニュートラルな状態であること(「平常な状態であること」「何も要求されていないこと」「要求に応じてもらえないこと」)を伝えられると思います。 
 
2.Panは、観察したい。

この日麦ちゃんとPanを写した写真のほとんどすべてで Panが麦ちゃんを観察する様子がみてとれました。
とにかく麦ちゃんの動きをじっと見ています。麦ちゃんは Panがそこにいないかのように振る舞うことで 充分に観察できるチャンスを与えていました。
観察して 麦ちゃんの動きを真似してみたりもしていました。(上の一緒にゴロゴロしている写真のように)
Panは私のことも いつも観察しています。
観察力はなかなか鋭くて 私自身でさえ気づかないような行動のパターンを知っていて驚かされます。
服装や行動の順序で「どこに出かけるのか」「Panは一緒に行くのか 留守番なのか」も分かるようですし 「いいことがありそう(おやつをもらえるとか 遊んでもらえるとか)」な時もかなり正確に察します。
「観察して 理解して 納得する」ことを積み重ねて Panは安心して暮らしているのだと思うのです。

「目を合わさず 声もかけない」ことで Panに 私を充分観察できる状態を保障してやることができます。
Panの側からすれば「目を合わされず 声もかけられない」状態で私をじっくり観察して「かあちゃんは平常心だな」「オラは何も要求されてないな」「今は オラの要求に応えてもらえないんだな」というメッセージを理解し納得することでができます。それが分かると自分で自分を落ち着かせることができるのです。 

言うまでもありませんが 「目を合わさず 声もかけない」ことでPanに怒りを伝えているのではないので 私自身はあくまで平常心です。
普段どおりに行動し 鼻歌を歌う(しかも大声で)こともあれば 思い出し笑いをする(それも大爆笑)こともあります。 

 
スポンサーサイト

麦ちゃんなら大丈夫♪

ドッグトレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック(ヴィベケ・S・リーセ著) という本を購入しました。
うちには犬はPanしかいないし ずっと多頭飼いに憧れてはいるものの いろいろなことを考えると 実現の可能性は限りなくゼロに近いです。
それでも 犬のことを書いてある本を読むのは楽しいし Panともっともっとラブラブになりたいから この手の本が出版されるとついポチッとしてしまいます。
内容は なかなかおもしろいです。  

パラパラと読み進めていると 「犬種による遊び方の比較シミュレーション」というチャプターの中に 「鼻ペチャ犬の遊び方シミュレーション」という項を見つけました。
そこには「フレンチ・ブルドッグ、パグ、ボストン・テリアなどの短吻種は 犬としてのボディランゲージが乏しい傾向にあり また感情が顔にでにくい」(*)とあります。
そして 短吻種と他犬種の犬の交流が穏やかに行われるために 
○ 短吻種の飼い主ができる2つのこと
○ 他犬種の飼い主もすべきこと
を提案しています。

Panは ああ見えて(?)他犬に対してガウガウすることがたまにあります。
穏やかに挨拶を交わせる犬とガウガウしてしまう犬の違いは 私には完全に理解することはできないのですが 短吻種には100%吠えかかります(T_T)
うすうすその理由はわかっていたのですが この項を読んで 短吻種の特徴(*)に Panは戸惑って吠えかかってしまうのだろうと確信をもちました。 
社会化期に 短吻種に出会わせる機会がほとんどなく 短吻種特有の犬語を理解できないのです。

ゴールデンウィーク中のある日のこと ちょっぴり苦手を克服できるかもしれない機会が訪れました。

あにきづら

ボーダーコリーのパピー(仮名Aくん・7ヶ月齢・♂)に会いました。

遊びたくて 遊びたくて あの手この手でPanを誘うAくん。
あの手この手っていうのは プレイバウしたり吠えたり 耳を倒してムキッ歯したり
何度もお腹を出してゴロリンもしました。

それに対してPanは 伏せたり 知らん顔したり 時にギャウッ!って威張ったり。
どうやら不足ながら 遊んであげたり(上から目線) ご指導したりしているつもりらしい。


そんな時間を過ごした後に 私の顔を見上げて報告。
なになに?

オラ がんばった!


満足…らしいです。

やった!  

優しい知らんぷり

今年になったばかりのある日のことです。

久しぶりにラッキーと散歩。

知らんぷり1
マーキングは上書きし合い 怖い女子からの圧力に共に耐える仲のふたり。


シャンちゃんとも久しぶり~♪

知らんぷり2


ふたりと3ワンは 散歩途中に会った ジジくん のお家に お茶に招かれました。


たまにはpoliteに

かんなちゃんとは たいてい
かんなちゃんがお家の庭で遊んでいるところに Panと私が散歩で通りかかる
というsituationで出会います。

その状況では まず お互いの飼い主に挨拶に向かい
におい嗅ぎなどの犬同士の挨拶はしないまま 遊び始めることが多いです。

11月のある日。
散歩中のかんなちゃんと 散歩中のPanが Pan家の前の道でバッタリ。
ここでこんなふうに出会うのは初めてかも?

少し離れたところで お互いに気づきました。
さて いつもと勝手が違うふたりです。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。